宮廷花師のお仕事

自称 宮廷花師のお仕事を
時々、依頼されます。

Moncaprice様の歴史サロンに
お花のレッスン兼飾り付けをしております。

今回はマリーアントワネットの会。
サロンがはじまりましたので
お写真解禁です。

サロンをアモーに。というお姫様のご要望で
マリーアントワネットの王妃の村里(アモー)の
花達を再現してみました。

実は私ヴェルサイユ宮殿に4回いったのに
アモー プチトリアノンまで行く時間がなく
いつも宮殿止まりです。

写真でみる村里を思いながらのアレンジを考えました。。

そして
参考にしたのがこちらの本です


私のバイブルです。(笑)

今回のお花達を少しご紹介を。

矢車草は目に効く花。
ラベンダーは美容に効く花。

スミレはマリーアントワネットがフランスで大流行させたそうです。
ジャムにサラダにお肌のクリームにといろいろ使ったそうです。

いろいろ役立つ花達。飾るだけでなく実用性があるお花ばかりです。

ヒヤシンスは実は王、王妃の名前をつけることが習わしでマリーアントワネットというヒヤシンスもあったとか。
水栽培の方法は18世紀にすでにあったぐらい流行の花でした。


他には
いちご
ポピー
ライラック
アレンジにはこんない沢山のお花達を使ってみました。

サロンに来られた方は
皆様、癒されてくれているようで
嬉しいの一言です。

飾っているお花達はいつもMoncaprisちゃんと
レッスンしながら作っていきます。

この時間がまた楽しいひと時です。

宮廷のような一室でのレッスン
プチトリアノンに行ったかのような気になります。

歴史サロン
歴史があまり得意でなくても
こんな異国をおもわせる空間で楽しいひと時はいかがですか。

4月5月の募集はインスタMoncapriceまで。検索してみてくださいね。

次回はカリビアンなお花達(笑)

さてさてどうするかな。(笑)

関連記事

  1. オーダーした成人式髪飾りのお写真をいただきました。

  2. ホームページができました。

  3. ミニトピアリー

  4. 母が作る成人式髪飾り

  5. これからのレッスン

  6. 今年もよろしくお願いします